カビ洗浄剤、カビ洗浄後の保護剤、カビ除去、カントック工法

(株)カントックのトップページ 会社概要 業務の流れ 製品紹介 汚れ除去の施工 サイトマップ リンクページ お問合せフォーム
HOME > 製品紹介トップ > カントック-WC


 取扱製品紹介
株式会社カントックでは、通常の洗浄工法に加えて防カビ(保護)カントック工法を加える発想により住宅・ビル・建物内外のカビ・汚れを根元から分解し、防菌・防カビ・防水効果など建物を傷つけることなく復元させます。

品 名 カントック-WC
木部専用保護剤
用 途 木部の防カビ腐食保護
表面に塗膜をつくらず、内部に浸透し防水層を作り質感を変えず撥水性と通気性を持たせます。
性 能 ホルムアルデヒド濃度・・・0.10/リットル
カビ抵抗試験(JJIS Z 2911) 7〜28日後まで1
使用量 屋内木部・・・20/1リットル 1回塗り
屋外木部・・・15/1リットル 2回塗り
取扱い 火気厳禁 第4石油類/危険等級2

※ 酸性の液剤とアルカリ性の液剤は絶対に混ぜたり、完全に乾燥しないうちには塗布しない事。 (例: アルカリ性+酸性=塩素ガス : 有毒 )
※ 溶剤は、薄めずに原液のまま使用する。絶対に水を混入しないこと。






 ▼作業手順
準備 乾いたウエスやブラシ等で埃を予め除去してください。施工箇所全体を十分に乾燥させておいて下さい。
テスト 目立たない部分に5cm四方程度を刷毛で液ダレしないよう薄く塗布して下さい。
15分程度自然乾燥させて下さい。
変質などの問題のない事を確認して本作業に入って下さい。
本作業 @木部防カビ剤を手缶に移して下さい。

A1刷毛で塗布して下さい。
※塗布量に「使用量」を目安にして下さい。


B更に深みを出したい場合はこの1〜2の作業を繰り返して下さい。

C塗布後は自然乾燥を十分に行って下さい。
※乾燥の目安 
   自然乾燥:夏季-2時間  冬季-5時間
   強制乾燥(風乾):夏季-1時間  冬季-3時間程度


  ▼使用上の注意
本製品は塗料・仕上げ材ではありません。用途以外に使用しなで下さい。
他の洗剤と混ぜないで下さい。
原液のまま使用し、火気の側では絶対に使用しないで下さい。
作業中は換気を良くし、ゴムまたはビニール手袋・保護メガネ・防毒マスクを着用して下さい。
完全に乾燥するまでの接触(歩行等)はしないで下さい。
塗装、ワックス等の処理した部分には使用しないで下さい。
本製品が施工部位以外に付着した場合は速やかにラッカーシンナーで拭き取って下さい。
  ▼保管上の注意
直射日光を避け子供の手の届かない屋内で常温にて保管して下さい。
火気の側での保管は絶対に避けて下さい。
必ず密栓し鉄缶で保管して下さい。
車内での保管は絶対に避けて下さい。


下記項目からご覧になりたい項目を選択してください。

ビル・店舗・マンションの汚れ除去へ
ビル・マンション・店舗などの施工例
高層ビル・ホテル・マンション・病院・店舗・工場などの外壁・室内の洗浄加工、カビ除去・汚れ落としなど。。
>>詳細はこちらへ

一般住宅の汚れ除去の詳細へ
一般住宅・神社仏閣・木部の施工例
一般住宅・外壁・木部外壁・木製の看板・室内及び木製品全般の洗浄加工、カビ除去・汚れ落としなど。
>>詳細はこちらへ




お問合せ・ご相談のお客様はお気軽にお問合せください。




スマートフォン専用ページ





OEM製品のご紹介
カントック工法の特約店募集




 トピックス
-工法の除染試験報告

 洗浄剤製品ラインアップ
-Mold(建物全般の洗浄)
-Wood(木部用の洗浄)
-Stone(タイル・石材洗浄)
-Oil(油汚れなどの洗浄)

 保護剤製品ラインアップ
-C(光沢のない保護剤)
-SC(光沢のある保護剤)
-WC(木部専用の保護剤)
-B(室内の保護剤)
-FC(床の保護剤)

 カントック工法とは
-工法及び特徴
-使用液剤の安全性
-カビのQ&A
-カビと病気

 ▼ カントック工法施工例
 - ビル関連の洗浄施工例
 - 一般住宅等洗浄施工例


HOME | 会社概要 | 業務フロ- | 製品紹介 | 汚れ除去 | 相互リンク | サイトマップ | お問合せ
(株)カントック  神奈川県茅ヶ崎市赤羽根3039-10    mail : kabi@kantokku.net    Copyright (C) Kantokku.Co.Ltd. All Rights Reserved.